このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
寒河江市



本文ここから

雨宝童子像

更新日:2010年8月24日

寒河江むかしさがし
 市史編纂委員 宇井 啓
 西根石川の中ほど、百目木橋のたもとにある小野孝明家に、この辺りでは珍しい「雨宝童子」という仏像がある。
 像の高さは31.0センチメートルで、右手に宝棒、左手に宝珠を持ち岩座の上に立っている。
 頭の頂きには五輪塔をのせ、長く黒髪をたらす不思議な姿。
 顔はおだやかで、鼻は低く切れ長の目。うつむき加減で、袖の大きいことが特徴である。
 一木造りで、髪だけを黒く彩色している室町時代までさかのぼる素朴な像容。
 この雨宝童子像は、蔵王権現や三宝荒神のように、神仏習合で生まれた日本だけの仏像。絵画に見られるが、彫像のものはなかなかお目にかかれないという。
 伊勢の金剛証寺に伝わるものは、平安時代の彩色の美しい重要文化財の仏像である。
 小野家の先祖が、伊勢詣りに行って求めてきたのだと伝えている。小野家は、当主で二十三代を数える旧家で、石川寺の近くに古い五輪塔の墓を残す。今では風化して層塔のようになっているが、これも室町時代を下らない。小野家初代の小野主税の墓だという。
 雨宝童子の祭りは、旧5月28日。求福除災を願って祈る。
 今では、樹齢300年を超えるキャラ木のそばのお堂に大切に安置している。百目木川の瀬音が響く部屋には北風が吹いている。アメリカで暮らす娘夫婦のことを思いながら、サクランボ作りに精を出す小野さんだった。

お問い合わせ

生涯学習課
〒991-0003 山形県寒河江市大字西根字石川西333
電話:0237-86-5111 ファックス:0237-86-2201

(代表)cherry@city.sagae.yamagata.jp

こちらのメールアドレスに頂いた問合せ等については、各課のメール アドレスから
返信する場合がありますので、寒河江市のドメイン(@city.sagae.yamagata.jp)からの
メールを受信できるよう設定くださいますようお願いいたします。

本文ここまで


以下フッターです。

寒河江市

〒991-8601 山形県寒河江市中央1丁目9-45
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7220
Copyright (C) Sagae City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る