このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

マイナンバーQ&A

更新日:2020年5月10日

マイナンバーの質問にお答えします

Q1 マイナンバー(個人番号)の通知カードが届きません。

 通知カードは、住民票の住所に簡易書留で郵送されています。お手元に無い場合は、市民生活課へお問い合わせください。

Q2 住民票の住所に住んでいないため郵便を転送するようにしていますが、通知カードは届きますか。

 「転送不可」の郵便でお送りするため住民票の住所に住んでいない場合は、受け取ることができません。このような方は、市民生活課へご相談ください。

Q3 不在であったため郵便局の不在連絡票が入っていましたが、どうすればよいですか。

 受け取るためには、2つの方法があります。

  1. 再配達を依頼する。
  2. 配達した郵便局へ不在連絡票、身分を証明するもの、はんこを持って取りに行く。

 郵便局の預かり期間を過ぎた場合は市民生活課で3カ月間保管しますので、本人確認のための身分証明書、はんこをお持ちになり窓口へお越しください。ただし、一定期間が過ぎると再発行扱いとなり、有料となることがあります。

Q4 国外へ転出した後に日本に再入国した場合は、転出前と同じマイナンバーを利用できますか。

 転出前と同じ番号を利用できます。

Q5 自分のマイナンバーを取り扱う際に、気を付けることは何ですか。

 生涯利用する番号ですので、なくさないよう大切に保管してください。また、社会保障、税、災害対策の手続きで行政機関や勤務先などに提示する以外は、マイナンバーを他人に教えないようにしてください。

Q6 通知カードやマイナンバーカードの記載内容に変更が生じるときは、どうすればよいですか。

 記載内容を変更する必要がありますので、転入や転居、婚姻届などで氏が変わる場合は、通知カードまたはマイナンバーカードを一緒に提出してください。

Q7 マイナンバーカードは、何に使えるのですか? 通知カードとどう違うのですか?

 マイナンバーカードは、住民基本台帳カードと同じくICチップの付いたカードで、表面には氏名・住所・生年月日・性別と顔写真が、裏面にはマイナンバーが記載されています。本人確認のための身分証明書として使用できる他、e-Tax等の電子申告が行える電子証明書としても使用できます。
 一方、通知カードは紙製のカードで、氏名・住所・生年月日・性別・マイナンバーは記載されていますが、顔写真はありません。なお、通知カードは、身分証明書として使用できません。

Q8 マイナンバーカードの取得が義務付けられるのですか?

 マイナンバーカードは、申請により市町村長が交付することとしており、強制ではありません。しかし、マイナンバーカードは、各種手続きでマイナンバーの確認および本人確認の手段として用いられるなど、皆さんの利便性向上に資するものですので、取得をおすすめしております。

Q9 マイナンバー制度が導入されると、住民基本台帳カードはどうなるのですか?

 マイナンバーカードの交付開始以降、住民基本台帳カードの新規発行は行いませんが、平成27年12月以前に発行された住民基本台帳カードは、有効期間内に限りご利用いただけます。

Q10 マイナンバーカードに有効期限はありますか?

 20歳以上の方は10年、20歳未満の方は容姿の変化を考慮し5年になります。

Q11 マイナンバー制度が導入されると、行政の手続きで提出する書類が少なくなりますか?

 マイナンバー制度の導入により、年金や福祉、税などに関する手続きで提出していた書類がこれまでに比べて簡略化されるため負担が削減されます。 現時点でマイナンバーが使われるのは、法律や条例で定められている社会保障や税、災害対策の分野に限られております。

関連項目

お問い合わせ

市民生活課 市民係
電話:0237-85-1854 ファックス:0237-86-2122

(代表)cherry@city.sagae.yamagata.jp

こちらのメールアドレスに頂いた問合せ等については、各課のメール アドレスから
返信する場合がありますので、寒河江市のドメイン(@city.sagae.yamagata.jp)からの
メールを受信できるよう設定くださいますようお願いいたします。

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

寒河江市

〒991-8601 山形県寒河江市中央1丁目9-45
各課等電話番号一覧 FAX:0237-86-7220
Copyright (C) Sagae City All Rights Reserved.
フッターここまで