このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
寒河江市



本文ここから

寒河江市「無事かえる」支援事業

更新日:2015年8月5日

 この事業は、認知症の高齢者の方が徘徊や迷子により家に戻れなくなったり、行方不明となったりしたときに、早期に発見できるよう高齢者の方の情報を事前に登録し、高齢者ご本人の安全とご家族への支援を図ることを目的としています。

利用できる方

 認知症等のため徘徊や迷子になるおそれのある高齢者の方とその家族

利用の流れ

  1. 「無事かえる」支援事業登録申請書を、市高齢者支援課にお出しください。
  2. 申請受付後、地域包括支援センター職員が訪問し、登録情報についての聞き取りを行い、「見守りグッズ」をお配りします。

 見守りグッズの使い方や貼り方、そして、常日頃の見守り方、介護サービスの利用の仕方など具体的にアドバイスいたします。

 「見守りグッズ」とは、高齢者ご本人が連絡先等を常に携帯できるように工夫したカードなどです。

 ネームプレート、アイロンプリントネーム、靴用ネームシール、交通安全反射シール

 ご本人氏名、住所、電話番号を、印字してお渡しします。ご家族がマジックで書くなどの手間がかかりません。

登録高齢者の行方が分からなくなったとき

 ためらわずに、寒河江警察署に行方不明者届を出しましょう。(※登録情報がすぐに活かされます。)

見守りグッズの活用例

ネームプレート(配布数:10枚、1枚はネームホルダー付)

  • 日ごろ持ち歩く財布やバックに入れておいてあげる。
  • ポケットに入れておいてあげる。
  • 首からさげて、胸元にしまっておいてあげる。

 ご本人には「身分証」とご説明してお渡ししています。「身分証」が安心感をもたらし、自ら大事にポケットや財布などに入れて下さる方も多いです。

 吊下げ式ネームホルダーは、ご本人が家族と一緒にスーパーに買い物に出かけるなどした時に、その時だけでも使用することで、“ちょっと目を離した隙の迷子・徘徊”の対応にも役立てることができます。

アイロンプリントネーム(配布数:12枚)

  • 普段、よく着る服にさりげなく貼っておいてあげる。

 「どうしたのかな?」と周囲の方に気にかけてもらえるように、“ちょっと見える”貼り方がポイントです。

 胸元のポケットに(「あれ?ポケットに何か入っている。」めくってみると連絡先が貼ってある)

 襟の裏に(「あれ?襟元に何かついている。」めくってみると連絡先が貼ってある)

靴用ネームシール、交通安全反射テープ(配布数:5足分)

  • 靴のかかとや側面に貼っておいてあげる。

 夕暮れや夜間の交通事故を防ぐことも大事です。

関連記事

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

高齢者支援課
〒991-0021 山形県寒河江市中央二丁目2番1号
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-83-3201

(代表)cherry@city.sagae.yamagata.jp

こちらのメールアドレスに頂いた問合せ等については、各課のメール アドレスから
返信する場合がありますので、寒河江市のドメイン(@city.sagae.yamagata.jp)からの
メールを受信できるよう設定くださいますようお願いいたします。

本文ここまで


以下フッターです。

寒河江市

〒991-8601 山形県寒河江市中央1丁目9-45
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7220
Copyright (C) Sagae City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る