このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

応急手当

更新日:2022年3月9日

生死をわける心配蘇生法

  1. 意識を調べる
    「大丈夫ですか?」と呼びかけ、肩を軽くたたき、反応があるかを見る。
  2. 助けを呼ぶ
    意識がなければ大きな声で、「救急車を呼んで」と助けを求める。
  3. 気道の確保
    手を額に当て、もう一方の手の人差指と中指の2本をあご先に当てて持ち上げ、空気の通り道を確保する。
  4. 呼吸の有無
    頬を傷病者の口に近づけ、呼吸の音を確認し、胸と腹部を見て、上下の動きを見る。
  5. 呼吸がなければ人口呼吸
    気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差指で傷病者の鼻をつまむ。
    口を大きくあけて傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、胸が軽くふくらむ程度に息をゆっくりと2回吹き込む。
  6. 心臓が動いているか調べる
    傷病者の口に耳を近づけて、次の「循環のサイン」の有無を「息、咳、動き」で調べる。
    充分な呼吸をはじめたか?
    人工呼吸で咳が出るか?
    体に動きが見られるか?
  7. 循環のサインがなければ心臓マッサージ
    心臓マッサージは1分間に100回のリズムで胸骨下部を圧迫し行う。
    人工呼吸は、1回の吹き込みに2秒をかけて行う。
    マッサージ30回と人工呼吸2回のサイクルを繰り返す。

出血・骨折・やけど・のどが詰まった

出血時の直接圧迫止血法

 きれいなガ-ゼやハンカチ、包帯を傷口に当て、手で圧迫する。
 ビニ-ル・ゴム手袋やビニ-ルの買い物袋などを利用して、血液に直接触れないように注意する。

骨折の処置

  • 足の骨折:骨折した場所の上下の関節も固定し、そえ木は長いものを使用する。
  • 腕の骨折:そえ木で固定した後、幅広い布で腕をつり、さらに体に固定する。

やけどの処置

  • 部分的なやけどは、痛みが軽くなるまで流水で冷やす。
  • 衣服の上からやけどしたときは服の上から10分以上冷やす。
  • 広い範囲のやけどでは、いったん冷やしてから毛布などで体をくるみ、保温する。
  • やけどに伴う水泡はやぶらない。

のどに食べ物がつまったときの背部叩打法

  1. ひざまずいて、傷病者を自分の方に向けて横向きの体位にする。
  2. 手の平(手の付け根に近い部分)で、肩甲骨の間を4から5回力強く連続してたたく。

乳幼児の場合

  1. 片腕の上に腹ばいにして、頭部が低くなるような姿勢にする。
  2. あごを手に乗せた後、突き出すようにする。
  3. もう一方の手の付け根で、背中の真中をたたく。

関連項目

お問い合わせ

防災危機管理課
電話:0237-85-1402 ファックス:0237-86-7220

(代表)cherry@city.sagae.yamagata.jp

こちらのメールアドレスに頂いた問合せ等については、各課のメール アドレスから
返信する場合がありますので、寒河江市のドメイン(@city.sagae.yamagata.jp)からの
メールを受信できるよう設定くださいますようお願いいたします。

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

寒河江市

〒991-8601 山形県寒河江市中央1丁目9-45
各課等電話番号一覧 FAX:0237-86-7220
Copyright (C) Sagae City All Rights Reserved.
フッターここまで