このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
寒河江市



本文ここから

Uターン夫婦の奨学金の返還を支援します

更新日:2017年11月13日

寒河江市若者定着支援未来創成事業

 寒河江市では、若者夫婦の市内回帰を促進し、もって定住人口の増加を図るため、市内へのUターン者の奨学金の返還を経済的に支援する「寒河江市若者定着支援未来創成事業」を実施します。
 応募をご希望の方は、下記の募集内容をご確認の上、期限内に申請してください。

奨学金、募集対象者

支援対象となる奨学金

 次の各号の高等教育機関(以下「大学等」という。)に在学中に貸与を受けた、日本学生支援機構の第一種奨学金又は第二種奨学金(以下「奨学金」という。)

  • 大学院(修士課程に限る。)
  • 大学
  • 高等専門学校(第4、5学年及び専攻科に限る。)
  • 短期大学
  • 専修学校専門課程

募集対象者

 次の各号の要件の全てに該当する夫婦で、現在、奨学金を返還している夫又は妻のどちらか一方を募集対象者とします。

  1. 少なくとも夫か妻のどちらかが、30歳以下の夫婦
  2. 夫と妻の双方が、平成29年1月1日から平成30年3月31日までに山形県外から寒河江市内に転入し、かつ8年以上継続して居住する見込みの夫婦
  3. 認定申請書の提出日の前1年間において、山形県内に住所を有していなかった夫婦
  4. 少なくとも夫か妻のどちらかの親が、寒河江市内に住所を有する夫婦
  5. 民間機関の支援を含む他の奨学金返還支援事業の支援を受けていない夫婦
  6. 奨学金の返還を延滞していない夫婦
  7. 生活保護法(昭和25年法律第144号)による保護を受けていない夫婦
  8. 寒河江市暴力団排除条例(平成24年市条例第16号)第2条第2号に規定する暴力団員及び同条第3号に規定する暴力団員等に該当しない夫婦

募集人数

4名程度

助成対象者

助成対象者の認定

 市において、応募書類等により審査して助成対象者を認定し、文書により通知します。

助成対象者の認定の取り消し

 以下の事由に該当した場合は、助成対象者の認定が取り消しとなります。

  • 奨学金の返還を延滞している場合
  • 奨学金の返還が免除された場合(死亡、精神もしくは身体の障がいによる免除)
  • 助成対象者が辞退する場合
  • 平成30年3月31日までに寒河江市内に居住を開始しなかった場合
  • 助成金の交付申請時点で就業していない場合
  • 平成32年4月1日までに寒河江市外へ転出した場合(転出後、再度寒河江市内に転入した場合を含む。)

※平成32年4月1日までに寒河江市外へ転出した場合は、すでに受けた交付額を市に返還しなければなりません。

助成方法

 助成対象者の認定を受けた翌年度以降3年にわたって助成金の交付申請をしていただき、申請に基づき助成金を交付します。なお、助成金は奨学金の返還先である日本学生支援機構へ直接繰上返還することを予定しています。

助成金額

 助成金額は、助成対象者の認定申請時点での奨学金の返還残額(A)と奨学金の貸与を受けた月数(月数は72月を上限とする)に2万6千円を乗じた金額(B)のどちらか少ない金額を上限(以下「上限額」という。)とします。
 助成対象者の認定を受けた年度の翌年度及び翌々年度は、単年度の返還額に相当する額を交付します(助成金額は返還残額を上限とします)。3年目は、上限額から前年度までに交付を受けた金額を差し引いた金額を一括して交付します。
 ※算出した助成金額の千円未満の端数は切り捨てます。
 ※助成金交付申請時までに奨学金の繰上返還を行った場合は、助成金額が減額されますので留意してください。

(例1)奨学金の貸与を受けた月数が48ヶ月で、単年度に163,200円を返還していて、認定申請時点での奨学金の返還残額が1,142,400円の場合
 平成30年度は、163,200円を交付
 平成31年度は、163,200円を交付
 平成32年度は、返還残額からこれまでの交付額を差し引いた816,000円を交付

(例2)奨学金の貸与を受けた月数が48ヶ月で、単年度に163,200円を返還していて、認定申請時点での奨学金の返還残額が2,284,800円の場合
 平成30年度は、163,200円を交付
 平成31年度は、163,200円を交付
 平成32年度は、返還残額の2,284,800円(A)と奨学金の貸与を受けた月数48×26,000円=1,248,000円(B)を比較。少ない金額である1,248,000円(B)から前年度までの交付金額326,400円を差し引いた921,600円を交付

応募方法

 下記の必要書類を募集期間内に、市役所4階の商工創成課へ持参又は郵送により提出してください。

必要書類

 次の書類を提出してください。

  • 寒河江市若者定着支援未来創成事業助成対象者認定申請書(様式第1号)

ダウンロードしてお使いください。

  • 奨学金貸与証明書又は奨学生証の写し
  • 奨学金返還証明書
  • 戸籍の附票の写し(申請者の世帯全員のもの)
  • 寒河江市内に住所を有する親の住民票の写し

募集期間

平成29年11月1日(水曜日)から3月30日(金曜日)午後5時まで(郵送の場合は必着)
※上記の期間にかかわらず、募集人数に達した時点で受付終了となります。

申請先住所

〒991-8601
寒河江市中央一丁目9番45号
寒河江市役所 商工創成課 地域戦略係

募集要項

 詳細は下記募集要項をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

商工創成課
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7220

cherry@city.sagae.yamagata.jp

本文ここまで


以下フッターです。

寒河江市

〒991-8601 山形県寒河江市中央1丁目9-45
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7220
Copyright (C) Sagae City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る