このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
寒河江市



本文ここから

中間前金払制度の実施について

更新日:2010年7月21日

 寒河江市では、平成22年4月1日以降に請負契約する工事について、中間前金払制度を実施します。

1.中間前金払制度の概要

 工事着手時の前金払(請負金額の10分の4以内)に加え、工事の中間段階において、さらに前金払(請負金額の10分の2以内)を請求できる制度です。
 これにより、最大で請負金額の10分の6まで、前金払の請求が可能となります。

2.対象となる工事

 請負金額が1,000万円以上の工事で、当初の前金払(請負金額の10分の4以内)の支払いを受けている工事を対象とします。

3.中間前金払を請求できる要件

  1. 工期の2分の1を経過していること。
  2. 工期の2分の1までに実施すべき作業が行われていること。
  3. 既に行われている作業の経費が請負金額の2分の1以上であること。

4.必要な書類と手続き

  1. 中間前金払認定請求書(様式第1号)に工事履行報告書(様式第2号)と工事出来高報告書等の経費が請負金額の2分の1以上と分かる任意の資料を提出します。
  2. 認定の請求を受けた場合、市では原則7日以内に認定を行い、中間前金払認定調書により通知します。
  3. 中間前金払認定調書を受理した後、保証事業会社の保証書を添付し、中間前払金を請求してください。(前払金と同様に保証事業会社の保証書の提出が必要となります。)

5.前金払を請求できる請負金額の改正について

 これまで、前金払を請求できる工事は、請負金額が500万円以上の工事としていましたが、請負金額が100万円を超える工事から請求できるように改正しました。

様式のダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

財政課
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7220

(代表)cherry@city.sagae.yamagata.jp

こちらのメールアドレスに頂いた問合せ等については、各課のメール アドレスから
返信する場合がありますので、寒河江市のドメイン(@city.sagae.yamagata.jp)からの
メールを受信できるよう設定くださいますようお願いいたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから
編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

寒河江市

〒991-8601 山形県寒河江市中央1丁目9-45
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7220
Copyright (C) Sagae City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る