このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

学校関係者に新型コロナウイルスの感染者等が発生した場合の対応

更新日:2020年7月21日

 現在、全国的な新型コロナウイルスの感染拡大が起こっており、県内でも、感染者が確認される状況にあり、寒河江市内の教職員や児童生徒(以下、「学校関係者」という)に、感染者や濃厚接触者が出てもおかしくない状況と考えられます。
 万が一、学校関係者に感染者等が発生した場合の寒河江市としての対応は、下記のとおりです。
 なお、これは、文部科学省及び山形県教育委員会の方針を受けて定めたものです。

学校関係者の同居家族等が、感染者の濃厚接触者にあたると特定された場合またはPCR検査の受検対象者と判断された場合

  • 保健所から特別な指示が無い限り、必ずしも自宅待機をする必要はありませんが、心配な場合は休むこともあり得ます。その場合でも、児童生徒は欠席扱いとはなりませんので、学校とご相談ください。
  • 学校全体は、咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染防止対策を徹底し、感染リスクが高まる3つの条件を十分考慮し、活動内容に対応した感染クラスター発生防止対策を講じた上で、学習指導を行います。(以下、「感染クラスター発生防止対策を講じた学習指導」という)

学校関係者本人が、PCR検査の受検対象者(濃厚接触者としての検査以外)と判断された場合

  • 本人は、検査結果が出るまで、自宅待機とします。
  • 学校全体は、感染クラスター発生防止対策を講じた学習指導を行います。

学校関係者が、感染者の濃厚接触者にあたると特定された場合

  • 本人は、感染者と最後に濃厚接触した日から2週間の自宅待機とします。
  • 当該学校は一時的に閉鎖し、本人の学校における活動の態様、接触者の多寡を踏まえて、保健所と相談のうえ、校内消毒等の対策を講じ、閉鎖の期間を検討します。
  • 閉鎖解除後は、当該本人以外は登校を開始し、感染クラスター発生防止対策を講じた学習指導を行うとともに、児童生徒の健康観察の徹底や連絡体制の確認などを行います。

学校関係者の感染が判明した場合

  • 感染者の濃厚接触者が保健所により特定されるまでの間、学校を閉鎖します。
  • 感染者の学校における活動の態様、接触者の多寡を踏まえて、保健所と相談のうえ、校内消毒等の対策を講じます。
  • 保健所の指導の下、自宅待機(感染症予防のため出席停止)すべき児童生徒及び教職員の範囲を特定するとともに、学校閉鎖期間を、全児童生徒及び保護者に連絡します。
  • 感染者の学校内での活動状況によって、学校内で感染が広がっている可能性が高いと判断された場合には、当該学校を臨時休業とする場合もありえます。

その他

 県及び寒河江市に感染拡大が見られる場合は、山形県や寒河江市の対策会議の決定により、地域全体の活動自粛を強化する一環として、感染者が発生していない学校を含めた地域一斉の臨時休業もありえます。

関連項目

 市内施設の休業状況や、イベントの中止などについてまとめています。

お問い合わせ

学校教育課 指導推進室
電話:0237-85-1580 ファックス:0237-86-7220

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

寒河江市

〒991-8601 山形県寒河江市中央1丁目9-45
各課等電話番号一覧 FAX:0237-86-7220
Copyright (C) Sagae City All Rights Reserved.
フッターここまで