このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

厳しい暑さから身を守る行動を心がけましょう

更新日:2021年7月20日

 最高気温が35度を越える猛暑日が続き、県内では「熱中症警戒アラート」が発表されております。熱中症警戒アラートは、熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境になると予想される日の前日夕方または当日早朝に都道府県ごとに発表されます。徹底した熱中症予防行動をとってくださるようおねがいします。

熱中症警戒アラート発表時は徹底した予防行動を

エアコンを適切に使用しましょう

  • 昼夜を問わずエアコン等を適切に使用しましょう。
  • 高齢者の熱中症は、半数以上が自宅で発生しています。ためらわずエアコンを使用し、自宅を涼しく過ごしましょう。

外出はできるだけ控え、暑さを避けましょう

  • 熱中症を予防するためには熱さを避ける事が最も重要です。不要不急の外出はできるだけ避けましょう。

外での運動は、原則中止や延期をしましょう

  • 屋外やエアコン等が設置されていない屋内での運動は、原則、中止や延期をしましょう。

普段以上に「熱中症予防行動」を実践しましょう

  • 喉が渇く前にこまめに水分補給しましょう。1日あたり1.2リットルが目安(コップなら約6杯、ペットボトルなら2.5本)
  • 屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合は適宜マスクを外しましょう。
  • 涼しい服装を心がけましょう。

熱中症のリスクが高い方に声かけをしましょう

  • 高齢者、子ども、持病のある方、肥満の方、障がいのある方等は、熱中症になりやすい方々です。身近な方から夜間を含むエアコンの使用やこまめな水分補給を行うよう声をかけましょう。

熱中症の症状と対処法

軽症1度

  • 症状:手足がしびれる、めまい、立ちくらみ、筋肉のこむら返り、気分が悪い・ボーッとする。
  • 対処法:涼しい場所へ移動し、水分・塩分を補給。症状が改善されなければ、医療機関を受診しましょう。

中等症2度

  • 症状:頭がガンガンする、吐き気がする、体がだるい、意識が何となくおかしい。
  • 対処法:涼しい場所へ移動し、水分・塩分を補給。衣服を緩めて体を冷やします。症状が改善されなければ、医療機関を受診しましょう。

重症3度

  • 症状:意識がない、けいれんがみられる、呼びかけに反応がおかしい、まっすぐ歩けない。
  • 対処法:ためらうことなく救急車を要請しましょう。

関連リンク

本市では、大塚製薬株式会社と包括連携協定を結んでおり、熱中症予防を含む健康の維持増進活動に協働で取り組んでいます。

お問い合わせ

健康福祉課 市民健康係
電話:0237-85-0973 ファックス:0237-83-3201

(代表)cherry@city.sagae.yamagata.jp

こちらのメールアドレスに頂いた問合せ等については、各課のメール アドレスから
返信する場合がありますので、寒河江市のドメイン(@city.sagae.yamagata.jp)からの
メールを受信できるよう設定くださいますようお願いいたします。

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

寒河江市

〒991-8601 山形県寒河江市中央1丁目9-45
各課等電話番号一覧 FAX:0237-86-7220
Copyright (C) Sagae City All Rights Reserved.
フッターここまで