このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
寒河江市



本文ここから

さくらんぼの木オーナー募集

更新日:2019年2月4日

 日本一さくらんぼの里 寒河江市では、平成31年のさくらんぼの木オーナーを募集しています。
 さくらんぼの木のオーナーになって、真っ赤に実ったさくらんぼを収穫しながら、楽しい休日を過ごしてみませんか。

  • 品種や内容別に3コース設けております。詳しくは「オーナーコースの内容」をご覧ください。
  • さくらんぼの木の栽培管理は、地元の農家が心を込めて行います。
  • 2月1日時点募集状況:紅秀峰オーナーコースが残りわずかです!

申込方法

 下記より申込書をダウンロードし、必要事項を明記の上、郵送・ファックスまたは電子メールにてお申込みください。また、こちらの外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。電子申請フォーム(外部サイト)からのお申込みも可能です。
 受け入れをするさくらんぼ農家が決まり次第、年会費の振込先をお知らせいたします。

募集期間

平成31年1月18日(金曜)から3月15日(金曜)午後5時まで(郵送の場合は消印有効)

オーナーコースの内容

紅秀峰1本まるごとオーナーコース、佐藤錦1本まるごとオーナーコース

オーナー木1本について収穫いただき、収穫物(最低保証収穫量15キログラム)をお持ち帰りいただけます。
年会費 紅秀峰オーナー:7万円(1本あたり) 佐藤錦オーナー:5万円(1本あたり)

注意事項

  1. 1本あたりの来園者数の上限は10名迄とさせていただきます。
  2. ご来園は1回のみとさせていただきます。
  3. ご来園いただいて、収穫したさくらんぼの発送をご希望の場合は、年会費とは別に配送料をご負担いただきます。
  4. オーナーの権利は、収穫した果実のみとなります。さくらんぼの木そのものの所有権が移転するものではありません。
  5. 「紅秀峰1本まるごとオーナーコース」は、提供可能本数が限られているため、先着順とさせていただきます。
  6. 収穫に来られない場合は10キログラム(1キログラム箱×10)をお届けします。(配送料は5か所まで年会費に含まれます。)
  7. 既存のコースでは対応できないご要望(「11名以上で収穫に来たい」「複数回収穫したい」等)をお持ちの場合は、農林課へご相談ください。

佐藤錦プチオーナーコース(さくらんぼ狩りコース)

さくらんぼ狩り(4人迄、120分以内)と、収穫したさくらんぼ(4キログラム)をお持ち帰りいただけます。
年会費:1万5千円

注意事項

  1. 収穫したさくらんぼの発送をご希望の場合は、年会費と別に配送料をご負担いただきます。
  2. 収穫に来られない場合は3キログラム(3箱)をお届けします。(配送料は1か所分が年会費に含まれます。)
  3. 5人以上でご来園の場合は、以下のとおり追加の入園料が発生いたします。
  • 幼児(3歳以上小学生未満)1人あたり700円(120分) 
  • 小学生以上1人あたり1,500円(120分)

その他

  • 木製名札、記念品をプレゼントいたします。
  • さくらんぼの生育状況等をfacebookにより随時お知らせします。
詳しくは会員要項、よくあるご質問をご覧ください。

2018年のさくらんぼの木オーナーの収穫の様子

さくらんぼの木オーナー収穫の様子

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

寒河江市農林課内 さくらんぼの木オーナー係
〒991‐8601
山形県寒河江市中央一丁目9番45号
E-mail:cherry-owner@city.sagae.yamagata.jp
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7100

本文ここまで

サブナビゲーションここから

おすすめ情報

  • さくらんぼの木オーナー募集
編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

寒河江市

〒991-8601 山形県寒河江市中央1丁目9-45
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7220
Copyright (C) Sagae City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る