このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
寒河江市



本文ここから

市内のアパート等を賃借するUターン世帯の家賃を補助

更新日:2020年7月1日

Uターン世帯の家賃を補助(定住促進賃貸住宅家賃助成事業)

若者夫婦や子育て世帯の市内回帰や定着によって、定住人口の増加を図るため、西村山地区内に親が在住の転入若者夫婦や転入子育て世帯が負担するアパートなどの民間賃貸住宅の家賃の一部を助成します。

転入若者夫婦と転入子育て世帯

転入若者夫婦

次の3つの要件を満たした夫婦をいいます。

  1. 転入の日から民間賃貸住宅に入居した日までの期間が1年未満であること
  2. 転入の日前1年間において西村山地区内に住んでいないこと
  3. 交付申請時点で夫若しくは妻のいずれか又はその双方が満40歳以下の夫婦であること

転入子育て世帯

次の3つの要件を満たした世帯をいいます。

  1. 転入の日から民間賃貸住宅に入居した日までの期間が1年未満であること
  2. 転入の日前1年間において西村山地区内に住んでいないこと
  3. 交付申請時点で中学生以下の子どもと同居していること

対象者

申請者は、市内の民間賃貸住宅に入居する契約者で、次に掲げる要件のすべてに該当する必要があります。

  1. 申請日の前1年以内に市内の民間賃貸住宅に新たに入居していること
  2. 夫の親若しくは妻の親又はその双方の親が西村山地区内に居住していること
  3. 転入若者夫婦又は転入子育て世帯であること
  4. 世帯全員が本市に住所を有すること
  5. 民間賃貸住宅に入居した日以降、寒河江市に3年以上居住する意思があると認められる方であること
  6. 当該民間賃貸住宅を自己の居住用以外の目的に使用し、転貸し、又は使用権を譲渡しないこと
  7. 世帯員に外国人を含む場合は、出入国管理及び難民認定法やその他の法令に基づき、日本国に永住権を有していること
  8. 生活保護を受けていないこと
  9. 暴力団員や暴力団員等でないこと
  10. 契約者及びその配偶者が市税等を滞納していないこと(転入前の居住地の市区町村税を含む)
  11. 契約者及びその配偶者が過去に本補助金の交付を受けていないこと

補助金額

補助金の対象期間は、助成開始から最長36カ月間(最大54万円)です。
補助金額は、家賃から住宅手当等を差し引いた額の2分の1の額(千円未満の端数切捨て)と補助金上限額のいずれか少ない方の金額になります。

補助金上限額

交付対象期間開始後月数

転入若者夫婦 転入子育て世帯
12月目まで  月額1万円  月額2万円
13月目から24月目まで  月額1万円  月額1万5千円
25月目から36月目まで  月額1万円  月額1万円

申請手続き

交付申請書を添付書類とともに提出し、申請してください。
なお、市予算がなくなった場合など、新規の申請の受付を終了させていただくことがございますので、予めご了承ください。

添付書類

  1. 賃貸借契約書の写し
  2. 住宅手当等の受給額が確認できる書類
  3. 戸籍の附票の写し又は除かれた戸籍の附票の写し(転入の日前1年間の住所がわかるもの)
  4. 住民票の写し(世帯員全員のもの)
  5. 転入前の居住地の納税証明書(申請者及び配偶者のみ)
  6. 市税等の納付状況の調査に係る同意書
  7. その他必要と認められる書類

申請書等

上記の交付申請書等(ワード又はPDF)をダウンロードしてお使いください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

企画創成課 政策調整係
電話:0237-85-1413 ファックス:0237-86-7220

(代表)cherry@city.sagae.yamagata.jp

こちらのメールアドレスに頂いた問合せ等については、各課のメール アドレスから
返信する場合がありますので、寒河江市のドメイン(@city.sagae.yamagata.jp)からの
メールを受信できるよう設定くださいますようお願いいたします。

本文ここまで


以下フッターです。

寒河江市

〒991-8601 山形県寒河江市中央1丁目9-45
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7220
Copyright (C) Sagae City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る