このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
寒河江市



本文ここから

先輩職員の声~入庁5年目~ 東海林雄彦

更新日:2016年7月26日

―Q.東海林先輩は民間を経験した後に寒河江市役所に入庁し、5年目と伺いましたが、どのような経緯で入庁なさったのですか?
A.私は寒河江市に隣接する自治体の出身で、首都圏に進学をしました。その後に、東京で一度就職しましたが、子育ての関係で、古里のある寒河江・西村山に戻りました。地元で営業職をやりながら、更なるキャリアアップをするための資格勉強をしていた際に出会った自治体職員OBから、「公務員に向いているよ」との一言がきっかけとなり、公務員を目指すことになりました。

―Q.出身ではない自治体に入庁することにためらいはありませんでしたか?
A.今の行政は、近隣自治体同士で協力して広域に活動していると知っていましたし、いい意味でしがらみがない市外出身者が活躍できると考えたので、ためらいはありませんでした。

―Q.入庁後に配属となった子育て推進課では、どのような業務を担当なさいましたか?
A.子育て推進課では保育所や幼稚園に係る事務処理を担当しましたが、その他、市民からの個別相談にも対応していました。個別相談では、公平性を心がけながら、各個別ケースに柔軟に対応することが求められ、ポイントを見極めて相手のニーズを引き出すにあたっては、民間時代に培った営業力が活きました。

―Q.現在所属している税務課ではどのような業務をなさっていますか?
A.税務課では住民税を担当して、申告相談から申告内容の審査などを行っています。市政の活動の源であり、市民ひとりひとりからいただいている税を扱っていることから、税法に基づく事務を間違いなくすることが求められます。小さなミスでも市政への信頼低下を招くので、緊張感を持って仕事をしています。

―Q.東海林先輩は職員提案制度にチャレンジしたり、後輩サポーターになっているようですね。
A.税務課では長年の蓄積により改善のポイントがないようにも見える課ですが、税務課を含む市役所に不慣れな市民の方向けに情報提供のあり方を変えるなど、より高いサービスを効率的に提供できないかを試行錯誤しています。また、後輩指導では、サポーターとして後輩を食事や飲みに誘い、自分の民間や市役所での経験を伝えるようにしています。

<ある一日のスケジュール>
8時30分 国税連携(税務署で受付けた確定申告書を税務課のシステムに反映させる)
10時30分 電話問合せ対応(電話での市民の方の質問対応等)
11時00分 税額更正(申告等により所得や控除額が変更になった方の税額変更)
13時00分 通知書発送の準備(税額が変更になった方への通知書作成)
13時30分 窓口対応(来庁されてきた市民の方の質問対応等)
14時00分 通知書発送の準備
15時00分 還付処理(還付が発生した方に対し還付の処理を行う)
16時00分 申告相談(個別の住民税申告対応)
17時15分 仕事のスケジュール確認(仕事の進捗状況から、明日行う業務を確認し準備する)
19時00分 同期や後輩と飲み会、カラオケ

お問い合わせ

さがえブランド戦略室
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7220

cherry@city.sagae.yamagata.jp

本文ここまで


以下フッターです。

寒河江市

〒991-8601 山形県寒河江市中央1丁目9-45
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7220
Copyright (C) Sagae City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る