このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
寒河江市



本文ここから

寒河江市特定不妊治療費助成事業

更新日:2017年4月28日

特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)に要した費用の一部を助成します。

国の制度の改正により、市の助成も内容を一部拡充しています。

助成対象者 下記の1から4の全てに該当する方

1.法律上の婚姻関係にある夫婦で、特定不妊治療以外の方法によっては、妊娠の見込みがないか又は極めて
  少ないと医師に診断された方
2.夫婦ともに又は夫婦のいずれか一方が寒河江市内に住所を有する方
3.山形県特定不妊治療費助成実施要綱の規定に基づく事業の助成を受けた方
 または、同様の条件でも初めて治療を受けた妻の年齢が43歳以上のため、県の助成を受けられなかった方(県の助成を受けたものとみなします。)
 (申請方法が異なります)
4.他の市町村から助成を受けていない夫婦

助成額

特定不妊治療に要した費用から、山形県特定不妊治療費助成事業により助成を受けた金額を控除した額と下表の金額のいずれか少ない額を助成します。

助成額一覧
区分 治療開始日の妻の年齢 通算回数及び助成額(1回当たり)
夫婦 40歳未満 初回から3回目  150,000円
4回目から6回目  100,000円
40歳以上43歳未満 初回 ・2回目  150,000円
3回目  100,000円
43歳以上(市独自) 初回   150,000円
2回目   100,000円
男性(男性不妊治療)   初回 から3回目  150,000円
4回目以降    100,000円

  平成29年3月31日以前に助成を受けた特定不妊治療は、上記通算回数に含みます。

申請方法

助成対象者3の山形県特定不妊治療費助成実施要綱の規定に基づく事業の助成を受けた方に該当する方は山形県特定不妊治療費助成事業の給付決定後、翌月末までに寒河江市健康福祉課に申請してください。

助成対象者3の同様の条件でも初めて治療を受けた妻の年齢が43歳以上のため、県の助成を受けられなかった方(初めての治療開始日時点において妻の年齢が43歳以上のため県の助成事業に該当しない夫婦)は原則として、治療終了日の翌月末まで寒河江市健康福祉課に申請してください。

申請に必要な書類一覧
山形県特定不妊治療費助成金給付を受けた方 初めての治療開始日の妻の年齢が43歳以上の夫婦
1.     山形県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し 1.      特定不妊治療費助成事業受診等証明書(医療機関発行の領収書 を添付してください)
 2.    山形県特定不妊治療費助成金給付決定通知書の写し 2.      夫婦の法律上の婚姻関係を証明する書類(戸籍謄本等)※住民票謄本等で婚姻関係が確認できる場合省略可
3.      医療機関発行の領収書の写し 3.      夫婦の住所を確認できる書類(住民票謄本等)
4.      申請者名義の通帳の写し 4.      夫及び妻の所得額を証明する書類(市町村長が発行する控除明細のある所得課税証明書等)
  5.      所得額算出表   
  6.      申請者名義の通帳の写し

申請に必要な書類は下をクリックしてください。健康福祉課にも備え付けてあります。

山形県の助成事業については下記のアイコンをクリックしてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉課
〒991-0021 山形県寒河江市中央二丁目2番1号
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-83-3201

cherry@city.sagae.yamagata.jp

本文ここまで


以下フッターです。

寒河江市

〒991-8601 山形県寒河江市中央1丁目9-45
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7220
Copyright (C) Sagae City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る