このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
寒河江市



本文ここから

山形県内で「つつが虫病」が発生しています

更新日:2018年5月2日

 4月23日、最上郡の医療機関から最上保健所に対し、つつが虫病発生の届出がありました。気温が高くなり、薄着で山でのレジャーや田畑での作業を行う機会が多くなりましたので、つつが虫病の感染を予防するため、注意喚起にご協力ください。

つつが虫病とは

 つつが虫病は、病原体を有するツツガムシ(ダニの一種)の幼虫に刺されて、高熱や発疹などの症状がでる病気です。38~40℃の高熱、全身倦怠感、寒気、頭痛などの風邪に似た症状で、発熱後2~5日後にほぼ全身にわたって赤い発疹が現れ、刺された部位の近くのリンパ節が腫れたりします。季節的には春から初夏にかけて最も多く発生しますが、秋にも発生が見受けられます。

つつが虫病の予防は

 ツツガムシは、田畑や山林、やぶ、河川敷、草原などに生息します。農作業、山菜採り、ハイキングなどでこのような場所に立ち入るときには次のような予防対策をしっかり行いましょう。

1.長袖、長ズボン、長靴、手袋などを着用し、素肌をできるたげ露出しない。

2.休息するときはなるべく裸地を選び、草むらに直接座ったりしない。

3.ダニ忌避剤、防虫剤を衣服に散布する。

4.立ち入ったあとは入浴し、吸着したツツガムシ幼虫を洗い流す。

 もっとも大切なことは、春~秋にツツガムシの生息していそうな場所に立ち入ってから5~14日後に発熱したときには、まず「つつが虫病」を疑うことです。そして、すぐに医療機関を受診し、適切な治療を受けましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉課
〒991-0021 山形県寒河江市中央二丁目2番1号
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-83-3201

cherry@city.sagae.yamagata.jp

本文ここまで


以下フッターです。

寒河江市

〒991-8601 山形県寒河江市中央1丁目9-45
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7220
Copyright (C) Sagae City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る