このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
寒河江市



本文ここから

寒河江農業振興地域整備計画の総合見直し

更新日:2018年7月27日

農業振興地域整備計画を策定しています

 日々、農業を取り巻く環境は変化しています。より良い農業環境の整備を促進するため、市では「農業振興地域の整備に関する法律」に基づき農業振興地域整備計画の見直しを実施します。
 見直しの年度内(平成30年度)は、農振除外の手続きを凍結し、一般の農振除外の申出に係る受付を行いませんのでご注意願います。

農振除外とは

 農業振興地域内には、農用地として利用するための土地の区域を定めています。これを「農用地区域」といいます。農用地区域は、優良な農地の保護のため、農地の整備・改良等に対して各種補助事業が受けられ、また売買、贈与などの際には税制上の優遇が適用されますが、農業以外の目的での利用が制限されております。このため農用地区域内の農地を農地以外に使用するときは、農地転用の許可申請をする前に、農用地区域の除外の手続きが必要となります。この「農業振興地域における農用地区域からの除外」のことを略して「農振除外」と呼んでいます。

農振除外ができる土地

 農用地区域は、農業のために利用する土地(農地)を確保する区域で、原則として農業以外の目的での利用はできません。やむを得ず、農用地区域内で住宅の建築や敷地(宅地)の拡張、私道として利用したい場合には、次の5つの条件をすべて満たし、法令(農地法、都市計画法等)の許可が得られる見込みがある場合に限り、農振除外をすることができます。

農振除外ができる5つの条件

  • 農用地区域以外に利用できる土地がないこと。
  • 農用地の集団化や農作業の効率化など、農業上の土地利用に支障が生じないこと。
  • 農用地の利用の集積に支障が生じないこと。
  • 土地改良施設(用排水路や農道など)の機能に支障が生じないこと。
  • 土地改良事業などを行なった区域内では、事業が完了してから8年以上経過していること。

その他

 所有する(または使用賃借の権利を有する)土地が、現在の農用地区域に設定されているかどうか分からない場合は、確認したい土地の所在(字名・地番)を明らかにしたうえ、農林課へお問い合わせください。

お問い合わせ

農林課
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7100

cherry@city.sagae.yamagata.jp

本文ここまで


以下フッターです。

寒河江市

〒991-8601 山形県寒河江市中央1丁目9-45
電話:0237-86-2111 ファックス:0237-86-7220
Copyright (C) Sagae City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る